過去に体操やったこともなく、体操全くの未経験だったらしいのに

3時間の練習で、補助なしでできてしまった。

部活はバド、休みの日は3時間くらいやってるという事で体力はあったんだと思う。

あと若さもあると思うけど。

確かに、倒立をやらせてみたら綺麗だし強いのは強かった。

なので支える事に関しては初期ステータス高かったのだと思う。

しかし、手をつくまでの回転技術に関してはそことは関係ないので普通に優秀だったのかな。

よくね、「どのくらいでできますか?」って聞かれるけど本当にわからないんだよね。

何でって、成長は読めないからさ。

今回の子も、練習を重ねる中で「お?」ってなって「お?ワンチャンありそう?」、からの「あーこれありそうだわ…。」

ってなってったからね。

ここの未来を最初からは読めなかったし、読めないと思うわ。

こういう事あるから悲観できないしさ、逆に楽観もできない。

この現象の逆もあるわけじゃん?

途中まで順調だけどそこから思ったより進まなくなって成長急に緩やかになるパターン。

このパターンの時にさ、「〇〇くらいでできると思うよ!」って言われてたら嫌だよね。

ショックじゃん。

ぬか喜びも良いとこだし多分相当ショックだよね。

だから無駄に期待させない為に、嘘にならないように「わからない」っていうけども、覚醒パターンもあるから悲観することも無い。

そのくらいのメンタリティでいるのが丁度いいと思う。

でもやっぱり、こっちとしては完成してもしなくても上達していく様はとても楽しいし、胸躍る。

たまに本人より喜ぶパターンあるからねw

だってさ、自分が教えた人が成長してくんだよ?

楽しいじゃん、嬉しいじゃん。

だから完成した時なんて多分、自分のことじゃないのに本人と同じくらい嬉しいよ。

だから、今回も凄く嬉しいんだ。