久しぶりに日記を更新です。

日記にはあまり重点を置いていないので更新してはいないのですが、「まだ活動してますか?」的な事を言われましたので久しぶりに更新したいと思います。笑

実はずっと活動自体はしているのです。。。

 

さて、せっかくなので今回は側宙を始める時に「まずこれできて」ってポイントを紹介したいと思います。

今も結構側宙をやりたい人が多いみたいで、そんな人達が一人でも多くできる様に。

 

そう、それがタイトルでネタバレしてる通りジャンプ側宙なんですね。

なぜかというと「宙」をするには「ジャンプ」しないとダメだから。

つまり「宙」で「側転」をしたいわけだから「ジャンプして側転できなきゃできなくね?」って話ですね。

これがまあ、実に難しい。

というよりも、できる人は最初からできるんだけど、苦手な人は本当にできないっていう感じ。

鉄棒でいうところの「逆上がり」ですね。

逆上がり自体は難しいかと言われるとそうでもないけど、できない人は本当できないでしょ?

できない人にとっては結構難しいという事ですね。

なぜ難しいかというと

「ジャンプしてから」、あるいは「ジャンプしながら」「側転」っていう感じなんですけど、できない人は意識しても「普通の側転」になるんですね。

やり方自体は本当にシンプル、言葉通り、「ジャンプして側転して」です。

ちなみにできたら素人でも感覚わかるし、みてる方もわかります。

やってる方はほんの少しでもできたら「ジャンプした感」あるし、みてる方は「いつもとちょっと違う側転」って感じで見えるかなと思います。

で、まず言葉通りやってみましょう。

そんでできない人はどうすれば良いかというと、まずは「ジャンプしてから体を動かす」っていう体の使い方に慣れましょう。

⬇️

ジャジャン!

◯はい具体的な練習方法です◯

.本当に小さくて良いので、ジャンプしてから逆立ち=ジャンプ逆立ち

(多分思ってる以上に小さく、ピョンでOKです)

逆立ちは全然逆さじゃなくてOK。

逆立ちが狙いじゃないので、ジャンプしてから手を床につければそれでOK

挑戦するなら側転チックにやってみても良い。

最初はきっと普通の逆立ちになる可能性大だと思いますが、沢山やりましょう。

これも上手くいくとジャンプした感わかります。

これで段々「ジャンプしてから体を動かす」っていうのがわかれば

どんどん側転狙っていけば良いです。

そのかわり本当に少〜しずつね。

側転が回りきらない人みたいに少しずつ刻んでってください、じゃないと一気に攻めようとすると「普通の側転」になるからです。

特に苦手な人は確率激高です。

苦手な人は「小さく」「ゆっくり」がコツです。

理由は簡単、速いとコントロールが難しくなるからです。

スロー再生みたいにゆっくりすぎてもダメだけど、基本的には狙った動きをしたいならゆっくりの方が狙えるはずです。

例えるならダンスのふりみたいなもんでしょうか。

 

という事でこれが慣れてできる様になったら、あとは速く、思い切りできる様にレベルあげれば側宙っぽく段々慣れてくると思います。

 

 

投稿記事、チラホラ見てくれてる人いるんでしょうかね〜。

「アクロバット教える人」の他に「パンが好きな人」っていう事わかられてるみたいなんですよ。

正確には頭に残ってくれてるっていうのかな。

ここでしか言ってないからねえ!しかも多分、1、2回くらいその話題出してないと思うからねえ!(今回で3回目だね)

本当面白いというか、嬉しいというかw

「パンが好きって書いてあったんで」って言われてまた頂いたんですよ。

めっちゃ喜びましたね。。。

だから今回やる気出て久しぶりに投稿更新しようと思ったなんて言えないよね。

 

〜ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•〜

YouTubeでも解説してるので合わせて参考にしてもらえたらなと思います。
登録しておくと新着も含めてすぐ見れるのでよかったら使って下さい。

◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC4-ae3slTQtIn8AP4982nMw

また、
練習の仕方の相談・メンタル関連などの相談、動画添削してほしい!という方は
Twitterもやってますので、動画つきのメッセージなんかを考えてる方はこちらも利用してもらえたらなと思います^_^
◆Twitter
https://twitter.com/@acro_murato
プチ情報なんかも呟いたりします。