【日記】チアの側宙

今回もお宅訪問で側宙のレッスンをしてまいりました。

チア=ほぼ側宙の印象があるんですけども、

「よかったぁ」と思った事がありまして、それが側転する時に足を引くクセがなかったという事!

足を手前に引くように側転するとほぼ膝ピン状態で側転する事になります。

これがあると直す所から入らないといけませんので…。

大きく、もっというと前脚に100%体重乗るように踏み込まないと、ほぼ膝が曲がらないような状態で側転することになるのです…。

すると側宙する時のジャンプできちんと跳べない故に高さがでない。

に繋がると思うのです。

高~~くジャンプしようと思ったらそれなりに膝曲がりますよね?

実際踏み込みが上手になる事で側宙のジャンプも上手になります。

別に高さ出なくても側宙はできるんですが、なんせ床と顔の距離が近くなるので怖いですよねー、見てる側も。

チアの競技特性上、きっとなるべく距離を出さずに側転や側宙しないといけないのかなと思うので、結果コンパクトに仕上げようとしちゃってるのかなぁと思うのですが、

いやはやなんとも皮肉な事にそういう側転が側宙習得に不利に働いてると思うと大変だなぁと思います。

側転自体がこじんまりしてても

側転で足を引かないというステータスを持ってるだけで、言うなれば0から+にもってくような作業から始められます。

足を引くクセがあると−から+にもってくようなイメージです。

ですからクセなしは大変大変助かるのです。

というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA