【日記】中学生のバク転

今回は中学3年生の男の子のバク転をレッスンしてきました。

男子の夢を叶える為に頑張りました。

結構多いですからね、バク転が夢の男性はw

 

いつものごとく最初は背うちを何度も練習し、つぎに跳び箱をつかって跳んだ後の練習を何度もしました。

いつもはこの辺をみっちりやれば補助ありでも同じようにできるんですが、今回はそうはいきませんでした。

いざ本番!となると同じようにできないやつです。

それでも何度もやるしかないので、次にいっては戻り、また次、戻りと反復あるのみです。

そうすると最終的には補助ありで手をついてバク転をするとこまでできました。

正直この補助ありバク転までは大体その日にできます。(というかせっかく来てくれてるのでここまでは体験させてあげたいという意地もあります・・・。)

その先がちょっと個人差によってわかれますね。

危なかったら補助入るレベルなのか、見守ってもよいレベルなのか。

何にしても、本当に地味な反復練習が必要なので、それを黙々とこなす事が成功につながるし、逆に言えばそれをやれば絶対できます。^^

あと、やっぱり「壁倒立」は強くないとダメです。

1日でどこでもできるくらい完成させてあげたいんですが、筋力的な問題があると、例えその日に補助なしてバク転ができたとしても安心してGOサインは出せません。

感覚自体はその日につく可能性はありますが、筋力的な問題はその日に解決できず、今まで見た多くの方の「肩」が弱いです。(シャレじゃないですよw)

弱いと潰れちゃうし顔が近くなって危ないので、もしバク転をすぐに完成させたいよーと思っているなら壁倒立を1分は余裕でできるくらい強いとそこにつながると思います。

壁倒立、オマケを言えば柔軟性はどこでもできるトレーニングなのでやっていると有利になるかなと思います。

今回はちょっと長くなりましたが、この辺で!

ではまた次回^^ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA