【日記】学祭までにバク転を!

この時期になると高校生からのお願いが増えますね。

今回は高校1年生の男の子をレッスンしました^^

当然みなさん1日での習得を希望するんですが、本当に個人差があるので断言はできません。^^;

ですが、当然いつも1日でできるように最速のプランは考えてレッスンは行いますね、それがバク転であろうとなかろうと。

で、内容はというと

やっぱり基礎練は多めにやりましたが、この生徒さんがすごいのは後半補助ありでやった結果、僕の負担が軽いとこまでいったことですね!

結論から言えば1日で完成には至りませんでしたけど、補助ありで負担が少ないレベルまで行くことができたのは大きいのかなと。

最初はマットに背うちすることを何度も行い、それが上手だったので次の練習段階へと移行しました。

次の段階が結構苦戦して中々次にすすめなかったのですが、やはり皆さんバク転ができるその感覚を夢みてきてくれるので、終了10分間で補助ありでバク転をするとこまでもっていきました。勿論ケガはしないと判断したからです。

大体ここまでは今のところバク転を練習したい生徒さんは全員もってこれてます。

上達には基礎練が一番効きますけど、基本面白くないですからね。^^;

だから一応バク転の体験はできるようにはしてます。

まあでもそれもケースバイケースですね。

なぜかというと、完成の期限があったり、どのレベルを目指すかによっても練習の方法は変わるからです。

基礎練が一番うまくなります、ただ基本的にはそれは大器晩成で時間かかることなので、一か月で仕上げないといけない人に100点のバク転を教えてたら絶対間に合いませんし、生徒さんも「とりあえず期限内に安全で一人でできるようになりたいんですけど・・・。」ってなりますよね?

もちろん100点に近づけるようにレッスンは行いますけどね。

つまりざっくり表すとこういうことですね

0点<=============================>100点

完成早い                            完成遅い

危険                              安全

このようにして安全性は当たり前に、期限と完成度の兼ね合いをみながらやります。

大体、特別期限に指定がない場合はまず70点くらいの完成度を目指し、そっから100点目指していきます。

あと、何度も言いますが成長スピードは本当に個人差があります^^;

それにしてもアクロバットって、こういう学祭の時とかにこそ使い時、必要なアイテムだと思うので、そうやって青春を彩り頑張る学生を応援していきたいですね!><

 

ではまた次回!さよなら~^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA