【日記】憧れだったバク転

今回は、前回書いた社会人でもチアを続けている生徒さんの2回目レッスンの日記です。

今回の練習では以前かかった時間の1/3くらいの時間で補助ありバク転の段階までいきました。

バク転で実際に回るためのアップをこなしてから回るんですけど、それが今回めちゃ速かったんですよね。

素晴らしい成長ぶりでした。(寝たらというか、日を跨いだら成長するから後になってどんだけレベルアップしたのかがわかる)

終わった後に少し雑談をしたんですけど、バク転は自分ができる技、手の届く技じゃないと思っていたらから本当に自分がやってるんだあと思ったそうなんです。

 

実際は皆そうやって夢とか憧れって思ってるけどやればできる技なんですよね。

そうやって感動してくれるのは本当にありがたく、教えてるかいがあるんですけど、なんとかこうして「誰でもできる、手の届く技や夢なんだよ」って認識を周知していきたいですね。

自分なんか無理無理って思ってる人の方が多いでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA